1.0でもかなり変わると言われています。

正常な数字と高尿酸血症標準値とは?

そもそもなんですが、痛風や高尿酸の標準の数値とはどれくらいなのか?この数字を知るか知らないかでぜんぜん違うと思います。

 

健康診断や、痛風などの検査で渡される紙に尿酸値が表示されていることが有ります。最終的な診断をくだっされ、高尿酸血症は治療ガイドラインなどに表示されていますが、性や年齢問わずして、血液中の尿酸の溶限度で「尿酸値7.0mg/dl」を超えるのが基本的な定義です。

 

ただし、この数字になることで痛風が起こるわけではありません。数値以上になったとしても痛風にならないこともあるし、数字よりも低い段階で痛風になったりもします。

 

正常な数字としては5.0が基本的な数字ですが、たとえば7.0mg/dlから1.0数字が上がり8.0mg/dlに代わるだけでもかなりのもんだしで、いつ痛風が起こってもおかしくないほどだと言われています。

 

それほど1.0というすうじは大きな差だと言われています。尿酸値が基準値を超えたら治療を開始するか否かに関わり、たとえばフェブリクなどの痛風専用の薬が処方されることが多いと言われています。

 

もちろんのことですが、高尿酸値血症や痛風の症状が起こった場合はお酒を呑むことはできませんので、十分に理解したうえで病気と向き合っていくことになります。