肝臓への負担が少ない

臓代謝型でキサンチンオキシダーゼだけに作用

痛風の薬は1つではなくフェブリクやザイロリックなど種類は色いアロあります。

 

フェブリクはザイロリックに変わる痛風治療の薬として注目されている新薬。その理由の1つに肝機能への悪影響が少ないことが挙げられます。

 

一般的に薬を服用すると肝臓に対する負担が大きいのが一般的です。

 

ではなぜ、フェブリクは肝機能に対して悪い影響が少ないのでしょう。

 

フェブリクは、安全性の高い薬となっているため、高尿酸血症の第一選択薬としてオススメできるものです。
これまでは高尿酸血症の人には、ザイロリックが推奨されていたのですが、副作用が色々と懸念されていました。
フェブリクは副作用がさほど少なく、腎機能が弱っている場合でも安心して使う事ができます。

 

中等度までの腎機能低下患者に対してなら有用性があり、しかも1日1回の投与で済むので非常に使いやすい薬。

 

肝臓に対しては様々な症状が起こりやすいために、負担や副作用は怒らない方がいいに決まっています。

 

新しい尿酸降下薬として注目を集めているのは、こうした優れた特性があるからですが、それだけではなく肝機能にも優しくなっています。

 

フェブリクは、尿酸を作る酵素のキサンチンオキシダーゼの働きを邪魔することで尿酸生成を減らす作用もあります。

 

相互作用が少なく、必要な酵素だけに作用するので副作用が出る確率も低く、肝機能にも負担が少ないのです。

 

フェブリクは、副作用や相互作用の少ない薬で、理由としてはキサンチンオキシダーゼという酵素だけに反応し働きを抑制するので体への負担が少なくすみます。

 

キサンチンオキシダーゼに特異的に作用する薬なので、キサンチンオキシダーゼ以外の酵素に影響を及ぼすことがありません。

 

しかしザイロリックの場合は、腎臓排泄型なので過量による副作用が生ずる危険性があり、腎疾患を持つ患者には注意が必要でした。
その点、フェブリクは肝臓代謝型となっていて、胆汁中にも排泄されるので化合物が血中濃度を高める危険性は低いです。
肝臓で糞や尿中に排泄される多排泄経路を取る仕組みになっているので、肝機能への悪影響が少なく、中程度の腎機能低下患者に対しては用量調節が必要ない特質を有します。
フェブリクは新型の痛風薬で、肝臓から胆汁を分泌しながら尿酸を排泄する多排泄経路になっているので副作用のリスクが少ないのです。
服用方法さえしっかり守っていけば、肝臓の負担を軽減できる有効な薬と言えるでしょう。

 

フェブリクが肝機能への悪影響を受けにくいのは、安全性が高い薬で比較的副作用が少ないからです。

 

肝臓代謝型でキサンチンオキシダーゼだけに作用するフェブリクは、肝機能への悪影響が少なく、腎機能低下患者に対しても使用可能となっています。

 

もしザイロリックを服用していて副作用に悩まされているなら切り替えても良いかもしれませんね。

 

 

 

上部へもどる