メタボと尿酸値

高尿酸血症とメタボリックシンドローム

年齢が高くなるほど食事管理は意識したいものです。しかし、お酒を飲んだり、好きなものを食べ過ぎたりして、それが原因でメタボが起こりやすくなる。

 

高尿酸血症とメタボリックシンドロームには密接な関係があり、尿酸値が高くなるほどメタボ体質に近いと言えます。

 

すると、これが原因で痛風にもつながってしまうために十分に心がけなくてはいけませんね。

 

また、メタボになって脂肪細胞が分泌すると尿酸値は上昇するので、両者は相互に依存しあっていると言えるでしょう。

 

メタボと高尿酸血症については、親密なつながりがあり、相互依存関係にあり、尿酸値が上昇するとメタボになりやすいです。

 

そして、メタボの構成要素数が増加すると尿酸値が上昇するので、結果的に高尿酸血症を引き起こしやすい状態になってしまいます。

 

こうした関係性があるのは事実で、実際にメタボ関連の糖尿病や脂質異常症、高血圧症になると、尿酸値が上昇するデータが報告されています。
メタボの人は痛風になりやすく、それは内臓脂肪の蓄積に起因しているのですが、蓄積された脂肪が増えると脂質異常症を引き起こし、肝臓で尿酸が作られて尿酸値が上昇します、
またこうした作用だけでなく、メタボから高尿酸血症になるのは、内臓脂肪が蓄積すると上手く尿酸が排泄されなくなり、結果、尿酸が蓄積して尿酸値が上昇してしまうのです。
高尿酸血症とメタボリックシンドロームの結びつきは、普段の生活で行っている習慣も大きく関係していて、暴飲暴食や運動不足などの共通の原因があります。

 

メタボリックシンドロームと痛風、高尿酸血症にはそれぞれ相互関係があり、脂肪のあるメタボ体質の方は体の中で尿酸がどうしても増えます。
内臓脂肪が増えるとそれを元に尿酸が産生されやすくなり、尿酸値が高くなると高尿酸血症になって痛風を引き起こします。

 

また、過剰な内臓脂肪はインスリンの働きを悪くするので、血糖値や腎臓の働きを低下させることになり、尿酸の量にも変化をきたしやすいです。
そして過剰に尿酸が作られることで尿酸値が高くなるだけでなく、腎臓の排泄能力低下も関係しているので注意しないといけません。
脂肪が増える事によって様々な事とつながり、腎臓機能低下や尿酸排泄機能が低下し、結果的に尿酸合成を促進する事になります。
このように、メタボになると尿酸合成を促進すると共に尿酸排泄をも妨げることになるので、高尿酸血症になりやすくなります。
痛風や高尿酸血症の改善予防のために、メタボにならないような生活習慣の改善を目指しましょう。

 

といっても、急に食事を切り替えたり、アルコールの量を減らすことは難しいものです。

 

急に変えるというよりも、徐々に切り替えていくというスタイルが一番望ましいかと思いますね。ほんの少しでもいいので、自分んいあったスタイルを作り出していくことから始めていくことです。

 

高尿酸血症とメタボリックシンドロームはとても深い関係性があります。

 

どちらも暴飲暴食や運動不足などの共通の要因があるので、生活習慣の改善に努めるようにしましょう。

 

 

上部へもどる