薬が大きく影響してくる

尿酸値が上昇するのは、食生活やストレス

若い頃は薬には頼らないと思っていましたが、年齢が高まるために、薬のお世話にあんっています。ただし、薬を使うことはけっして悪いことではありません。一番はどのような薬を使っているかが重要になるかと思います。

 

尿酸値を上昇させる要因は、生活習慣が大きく関与していますが、薬剤の影響もあるので注意が必要です。

 

たとえば、病気になって抗癌剤治療や放射線治療を受けることで、尿酸量が大きく増加することがあります。

 

尿酸値が上がるのは、食生活の問題が大きく、日頃の食事内容が尿酸値に影響することが多いので気をつけないといけません。

 

また、飲酒の問題もあり、アルコールを沢山摂取すると尿酸値は一気に上がり、またビールには尿酸の元になるプリン体が沢山含まれています。

 

ストレスなども尿酸値を上昇させる要因になるので、ストレスは溜めないよううまく発散させていく必要があります。

 

そうした中、意外と知られていないのが薬の服用による害で、薬剤の影響で尿酸値が上昇するケースがあるのです。

 

注意しないといけないのは、結核の治療に際に用いられる薬や抗癌剤治療の薬、放射線治療のための免疫抑制剤などで、これらの薬が尿酸値を大きく上げてしまいます。

 

悪性腫瘍の治療の際、抗癌剤治療や放射線療法を受けると、体内の尿酸が増えるので注意が必要です。

 

これは電解質のバランスが崩れることが大きく関係しています。

 

抗癌剤治療や放射線治療で尿酸が大量に増えてしまうのは、腫瘍崩壊症候群と言われているもので、腫瘍細胞が大量に崩壊する事によるものです。

 

ただし、あくまでも薬によって大きく変わるために、自分にはどのような薬を選べば良いのかをまずは選択することが重要になります。

 

薬剤治療における高尿酸血症については、危惧すべきもので、細胞から大量の核酸やカリウム、酸などが放たれます。
尿酸が増えるのは、抗癌剤の投与や放射線照射によって悪性腫瘍細胞が崩壊するからですが、核酸が放出されるとそれに伴って大量の尿酸を体内で産生することになるのです。

 

核酸は通常、尿酸に分解代謝されて腎臓から尿として出るのですが、放出されると自然と尿酸が大量に体内で作られます。

 

結果、高尿酸血症を引き起こすことになり、場合によっては急性腎不全などで死につながることもあります。

 

尿中に尿酸が多量に排泄されて尿が外に出なくなると急性腎不全になりやすく、一命をとりとめても人工透析が必要になる可能性が大きいです。

 

そのため、抗癌剤治療や放射線治療の際には、高尿酸血症の予防の薬が使用されることが多いです。

 

尿酸値が上昇するのは、食生活やストレスなど、生活習慣によるところが大きいのですが、抗癌剤治療や放射線治療などで尿酸が大量に増えることがあります。

 

なぜかというと、腫瘍細胞が崩壊するときに核酸が放出されることで体の中で尿酸がとても多く増えるという事です。

 

薬も様々な種類があるために、自己判断でえらぶより、やはり病院の医師の指導のもとが一番改善につながるかと思います。

 

 

上部へもどる