足の親指の痛み

痛風の痛み

痛風発作と言えば、非常に痛いので苦しみますが、痛みが起こる部位で良く知られているのが足の親指の付け根。

 

簿記折れそうなほどの痛み、一層のことおってしまいたいくらいの辛さなんですが、最近は痛風の発作が起こる年齢層もだんだん若くなってきているので気をつけたいもの。

 

痛風発作が起きる部位で多いのが膝から下の関節と言われていて、ほとんどの場合、これらの部位で痛みを発症します。

 

それは何と全体の90%を占めていて、踵や足の甲、くるぶし、膝などに痛みを生じることになります。

 

こうして見ると痛風発作は膝下で起きるので、部位的にはわかりやすく、肩や手首、肘などに起きることもありますが極めて少ないです。
最も痛みが発症しやすい場所で知られる足の親指の付け根の痛みについては、全体の約70%を占めます。

 

特にこの部位は初めて痛みが起こりやすい場所で、初めて発症する場合、多くが親指の付け根です。

 

痛風発作の痛みは尋常ではなく、たとえば軽く物に触れるだけでも痛みを感じ、寝ている時に起きやすい傾向にあります。
そして数秒おきに痛みはどんどん増していき、やがて歩けなくなるくらいに酷くなってしまいます。

 

「なんとかなるだろう」という軽い考えでいると、どんどんと症状が悪化する恐れがあるために、注意しておかなくてはいけませんね。
注意と言っても、薬を服用しても尿酸値を下げるだけなので、普段からの食生活やストレスを意識することが大切です。

 

こうした状態になってしまう前に、できるだけ早めの処置が必要です。

 

風が吹いても痛いことからその名がついた痛風の痛みは、なったことがない人しかその痛みはわかりませんが、かなりの激痛を伴います。
それもある日突然起こるので、とまどいがあり、特に痛みが起きやすい場所が足の親指の付け根や足首などです。

 

中でも足の親指の付け根は、最初に痛風の症状が出る箇所としてダントツで多く、最初の発作が起きる場所の症状の約70%を占めます。
かかとや足首、足の甲、くるぶし、膝などの箇所にも症状はでますが、発作が起こる場所の割合でいけば足の親指付け根です。

 

この様に下肢の関節で発症しやすい痛風は、関節リウマチとは違って痛む場所は一箇所という特徴があります。

 

主に痛みが始まる時間帯は、夜中から明け方と言われていて、就寝中は血液循環が悪くなって体温が低くなるからです。
布団に触れるだけでも痛いので治療に取り組んで、痛風の要因になる様な事を解消していくことが大切です。

 

痛風発作が起こる箇所は膝から下にかけてが約90%になります。
肩や手首、肘などに起きることもあるのですが、そうした例は少なく、ほとんどが下肢の関節で発症しやすい病です。
我慢できない様な強烈な痛みがあるので、予防をする事や発作が起きた際には早めの治療がとても大切だと言えます。

 

 

上部へもどる