なぜ朝に起こるのか?

夜中から朝にかけて痛風が起こりやすい

 

我慢できないほど強烈な痛みを伴う痛風発作は非常にやっかいな病ですが、その特徴として一定の時間帯に起きやすいというものがあります。
これは一度経験したことがあるならわかると思いますが基本的に、痛風発作は夜に痛みの前兆がはじまる傾向にあり、明け方に激痛を感じて目が覚めると言われています。

 

でもなぜ昼間や夕方、夜ではなく明け方に起こるのでしょうか?

 

痛風発作は夜中から朝にかけて起こることが多く、1日を通して痛風の発作が起こる時間は100パーセントではないですが予測する事が出来ます。

 

夜中に痛くなるのが痛風の特徴なので、突然夜中に痛み出すようなことが起きた場合は痛風と考えてもいいかもしれません。
夜中から朝にかけて痛風発作が起きやすいのは、寝ている時は血圧が下がって血液循環が悪くなり、体温が下がりやすいからです。
就寝中は血圧が下がりやすく、1日の中でも体温が下がりやすい時間帯なので、血液中に尿酸が溜まりやすい状態です。

 

そうしたことから夜中から朝にかけて痛みが起きやすいのですが、就寝中の発汗により血中の尿酸濃度が上昇することも関係しています。
ただ、一度でも痛風の痛みを感じると、よちよちぐっすりと眠れないものです。
でも、もう二度と辛い思いをしないためには、毎日のように痛風の薬を服用することが大切です。

 

特に高尿酸血症の人は注意が必要で、発汗で脱水症状になると血液中の尿酸濃度が上がって尿酸値が高くなり、結果、痛風へと発展しやすくなります。

 

痛風は年中発症する可能性のある病ですが、起きる時間等には一定の特徴をあります。

 

痛風発作は夜中から朝にかけて起こることには理由があり、それは血圧が関係しています。

 

血圧は終日一定というわけではなく、夜には下がる傾向にあり、朝起きてから次第に上昇するという性質があります。

 

就寝中は、起きてるときの様に栄養素や酵素を沢山の血液によって運ぶ必要がないので、血圧が下がりやすい状態にあります。

 

血圧は血液量が少なくなることで下がりやすくなるのですが、そうすると血液の流れが悪くなります。

 

血液量が少ないと全身に血液がたまりやすくなり、そのことで尿酸が関節周辺に残りやすくなって痛風を発症するのです。

 

痛風発作は関節にたまった尿酸が剥がれて炎症が生じる病なので、血液の流れが悪くなる夜中にどうしても発症しやすく、朝にかけて激しい痛みに襲われます。

 

血圧が低い状態だと、かつ剥がれた尿酸を血液が回収しにくくなるので、夜中から朝にかけては痛風の発作が起きやすいというわけです。

 

痛風発作が発症しやすいのは夜中から朝にかけての時間です。

 

就寝中は血圧が低くなるので血液の流れが悪くなり、そうした状態においては血液中に尿酸が蓄積しやすくなります。

 

夜中から朝にかけては、血圧が低くなって剥がれた尿酸を血液が回収しにくいので、痛風発作が起きやすいのです。

 

どんなに予防をしても、痛風がまた起こることもあります。そんな時にフェブリクなどの薬を服用しても痛みを和らげることはできた炒めに、痛み止めのクリームやノム薬を服用することが重要になります。

 

 

上部へもどる