エストロゲンが関係してくる

女性は痛風にならない

高尿酸血症や痛風に悩まされるのが男性に多いのはなぜ?
たしかに、尿酸値が高くなる原因としては「プリン体」で、この要因としては「酒や肉」など、毎日のように暴飲暴食を繰り返すことが関係すると聞きます。でも、同じような女性もいるのではないでしょうか?

 

 

ある医学による「痛風の調査」によると、男性が98.5%で女性はわずか1.5%で発症するというデータが出たそうです。これは、かなり開きのある数値。実は、ホルモンが関係しているそうで、女性ホルモンであるエストロゲンは、尿酸の生成を抑える働きがあるそうです。もちろんですが、男性にもエストロゲンは存在するのですが、女性に比べると少ない、そのために、女性の尿酸値が、男性よりも低くなるそうです。

 

エストロゲンにより、尿酸の排泄を促す作用があるため、女性は痛風にならないとされています。

 

しかし、最近では、昔と違い、女性による女性ホルモンの量が減少し、男性ホルモンの量が増えているそうです。この理由としては「ストレス、食事の変化、睡眠不足」など、そのために、影響して女性でも痛風になる患者が昔に比べ増えているそうです。

 

なので、健康を考えて、「ストレス、食事管理、睡眠」はしっかりと心がけたい所です。

 

 

上部へもどる