アルコールの吸収のし過ぎは注意が必要

水分補給は十分に摂ることが重要

高尿酸血症の人は、食事管理には配慮が必要で、エネルギーの摂りすぎは尿酸値が上昇しやすくなるので注意が必要です。

 

確かに食べたいものをたくさん食べたくなるのもわかりますが、体のことを考えた時に、プリン体や尿酸値のことを考えると、使い分けなくてはいけません。

 

また、食事療法では十分な水分補給が大切になるのですが、アルコールは適量を守らないといけません。

 

痛風や高尿酸血症に対する食事療法においては、とにかくバランスの良い食事を心掛けることが大事です。

 

肉類の取り過ぎは尿酸を増加させることになるので、日々、野菜や果物などのアルカリ性食品の摂取に努める必要があります。

 

ただし、肉類をある程度食べても、その後に運動を心がけるのなら、一定の量なら構いません。計画を持って行うことが重要。

 

また、体の中の水分が失われると尿酸値が上昇するので、水分を十分に補給することが大事です。

 

水分補給をしっかりすれば、尿量が増えるので自ずと尿酸の排泄を促進することにつながります。
高尿酸血症の人は特に水分補給が欠かせないので、1日の尿量を2リットルくらい保てるよう、しっかり水分補給をしていくことです。
ただし、どんな形で水分補給してもいいかというとそうではなく、ジュースや炭酸飲料、スポーツ飲料などはオススメできません。
いくら十分な水分を補給しても、甘みやエネルギーのある飲み物は逆効果になります。

 

ジュースなどは肥満の原因になるので、水分補給する際は、必ず水や緑茶などで摂るようにしましょう。

 

食事管理ではアルコールは適量を守ることも大事で、飲み過ぎには十分な注意が必要です。

 

なぜなら、尿酸の排泄を妨げる作用があるからで、痛風発作の引き金になります。

 

特にビールはプリン体が多いので要注意で、焼酎やウィスキーについては、プリン体は多くはないですが、やはり飲み過ぎは頂けません。

 

プリン体がたくさん入っているビールだけでなく、アルコールは尿酸値を上昇させる危険性があるので、他のお酒だから平気というこ
とにはなりません。

 

アルコールが肝臓で分解される時に、尿酸の生成を促進する作用があり、また乳酸が作られるので尿酸が尿として排泄されるのを阻害してしまいます。
体内で尿酸が増えるにもかかわらず、排泄されにくくなるので、アルコールはできるだけ控えるべきです。

 

またアルコールは利尿作用が高いので、水分排泄量が増えることで尿酸の濃縮度が高まるリスクもあり、その弊害は大きいものがあります。
ただし、全く吸収を防ぐことが行けないわけではありません。多少なら問題はありませんので使い分けが重要ですね。

 

アルコールはストレス解消にも作用があるために、容量をしっかりと守ることです。
しかし飲み過ぎに注意が必要です。

 

高尿酸血症や痛風で悩んでいるなら、お酒は必ず適量を守り、飲み過ぎには注意しましょう。

 

痛風や高尿酸血症の人は、体内の水分が失われると尿酸値が上がりやすいので、日頃から水分補給は十分に摂ることが重要です。
また、アルコールは体内の尿酸値を増やすことにつながり、利尿作用によって尿酸の濃縮度が高まる傾向にあるので、飲み過ぎに気をつけて適量を守るようにしましょう。

 

 

上部へもどる