ストレス解消「ビタミンCとB」

ストレスが原因で尿酸値が高くなる

痛風や尿酸値が高くなる原因として、酒や肉をたくさん食べることが大きな原因と言うイメージが強いのですが、実は他にもあります。それがストレスです。

 

ストレスは、どんな病気にもかかわってくるのですが、出来ることならこの部分をやわらげたいものです。このストレスと、痛風などの関係として、今のところはハッキリとしたことはわかっていないのですが、さまざまな調査から、強いストレスが加わった時には尿酸値が上昇することがわかっています。

 

そのために、普段から一滴も酒を飲まない、肉などはあまり溜めない、そんな人でも痛風が発生することもあるということになります。

 

そのために、普段からストレスをため込まないようにオススメなのがビタミンCを吸収することです。これは少し意外なんですが、ビタミンC補給により、ストレス対策に有効だそうです。

 

それから、同じビタミンであるBには自律神経を改善する効果が期待できます。

 

そのために、ちょっとした心がけですが、普段の食事でもビタミンCやビタミンB類を意識的に吸収させることで、ストレス解消になり、痛風や尿酸値を上げる予防につながります。

 

 

上部へもどる