痛み止めに「フェブリック」

痛風の痛み止め?

尿酸値が高くなることで、痛風が起こってしまいます・・・すると足の回りに激痛が、、、。この痛みを抑えるには?

 

インターネットで探すと驚くようなことが書かれています。「サプリメントを服用すれば、痛風の痛みを抑えることができる」そんなことが書かれています・・・。そんなわけありませんよね?サプリメントはあくまでも、健康食品で、普段食べているものを吸収してできたもの、どうやったら痛みを止められるのか?結局は、サプリメントを服用すれば痛みを止める効果があるなどを記載し、商品を買わせようと考えているだと思います・・・。

 

病院などで、痛風や尿酸値を下げる薬としてフェブリクを処方されますが、服用すれば逆に痛みが増すことがあります。これは、ある意味では効果が出ているあかしなんですが、尿酸の結晶が関節から溶け出すため、痛風を改善するためにはしかたがありません。

 

そのために、この時に感じている痛みをやわらげるために、鎮痛薬を服用します。鎮痛薬にも種類がいろいろあると思いますが、ロキソニンがオススメです。

 

このロキソニンのタイプは、血管を収縮させて、血の流れを一時的に抑えることで、関節の幹部に対する痛みが和らいでくれます。つまり、幹部の血の流れを抑えることで、痛みが治まるわけです。どうしても痛風の場合は、患部が腫れ上がり、血の流れが活発になり、激痛が起こってしまいます。そのために、ロキソニンなどのタイプの鎮痛剤を服用します。

 

「ロキソニンのタイプ」と説明するのは、鎮痛剤にもそれぞれ種類があり、脳を麻痺させたり、神経を麻痺させたりと種類が様々、そのなかでも、痛風の場合はロキソニンが一番激痛を抑えてくれます。

 

 

上部へもどる