痛みを感じたらどうしたらいいのか?

痛風の激痛を感じたら?

前触れもなく痛風の痛みが起こることが有ります。
仕事中や休日、寝ているときなど、そんな時はどのような対処をすればいいのでしょうか?

 

たしかに何度か痛風を体験している人なら、薬を服用すれば尿酸値の数値を下げることができるために、痛風を抑えることができると思います。または、痛みを和らげるための鎮痛剤の力を借りるのもひとつの手段です。

 

 

しかし、初めての痛みを感じた場合は、痛風の薬が無いことが多いため、対処に困るとおもいます。

 

そこで、まず行いたいのが、痛みを感じる幹部を高い位置に設定することです。

 

痛風のゆえんは、風が吹くだけでも激痛を感じると言われるほど、何をしてでも痛みを感じてしまう。この痛みを和らげるために、まずは血液の中心である心臓よりも高い位置にせってします。

 

そうすることで、血液の循環が緩やかになり、血管がうっ血の状態になることで、ある程度の痛みを和らげることが出来ます。

 

あくまでも痛みが完全に引くわけではありませんが、何もしないよりは効果は違います。

 

それからもう一つが痛みを感じている部分を冷やすことです。
激痛が起こるのは血管の流れが活発になり、この血管のまわりの関節に影響をお越し炎症が原因です。そのために、この痛みの原因である炎症を冷やすことで、痛みを和らげることが出来ます。

 

冷やす場合は、冷たい氷で患部を冷やすことで、かなり痛みを和らげることが出来ます。
あくまでも冷やすこと嫌味をやわらげますが、逆に温めると痛みが強くなるおそれがあるので注意。

 

 

あともう一つ注意として、痛みを感じているさなか、お酒を飲むのは危険です。
初めて痛風を感じた時、お酒が原因で痛みが起こっているとわからないケースが多い。

 

しかし、アルコールを吸収すれば、より尿酸値が上昇するために、確実に痛みが強く、そして長時間に長引いてしまいます。

 

なによりも痛風をやわらげるには安静にして、病院に行き薬を処方してもらうことが大切になります。

 

 

 

上部へもどる