体重を減らすことで痛風が改善できる

生活習慣を見直すこと

普段はアルコールが含まれているのはさほど飲んでもいないのに、急に痛風の痛みをに悩まされています・・・まさかこんなことになるとは、、、

 

実は、親からのDNAが原因でも痛風が起こることがわかっています。これらには遺伝子的な要素が大きいために、普段の食生活の週間をどれだけ意識するかが重要とも言われています。

 

つまり、生活習慣の中で、アルコールとともに、脂っこいお肉や糖分の高いものなど高エネルギーや高脂肪食を毎日のように過剰に食べることで、肥満な体になり、痛風が起こりやすくなると言われています。

 

特に、小さい頃からメタボリックシンドロームのように、小太りな子供に起こりやすいこともわかっているために、子供に対して生活習慣として意識した食事管理をしておくことも大切になります。

 

アルコールと異なり、肥満からくる痛風の場合は、フェブリックの薬を服用しつつ、ダイエットを行うことで体重とともに、尿酸値が下がることが多いと言われています。

 

肥満との関連では生活習慣が重要になるために、今まで肉類の高エネルギーや高脂肪食を食べ過ぎていた部分を控えて、生活習慣を改めることが大切になり、痛風の改善や体重の現象にもつながります。

 

なによりも、今まではフェブリックの薬を服用を抑えることにも繋がることは嬉しいことです。

 

体内での尿酸の生産量を促進させるためにも、肥満の人はできるだけダイエットを始めることをおすすめします。