毎日食べることで過剰摂取になる

プリン体が多い食品と少ない食品

フェブリクを服用することで尿酸値を下げることができますが、できることなら薬を使わずに下げたいものです。そのために、お酒を飲まないようにして、脂肪の高いものやタンパク質の高いものは食べないように意識しています。

 

それからプリン体の多い食品も意識しなくてはいけませんね。私の大好きだったビールにもプリン体がたくさん含まれているために、痛風になりやすいです。

 

現在はプリン体ゼロやプリン体オフと呼ばれるビールのCMやテレビ雑誌をよく拝見します。見るたびに飲みたくなるのですが、、プリン体をカットしたアレルコールのことを指していますが、痛風や高尿酸血症の患者の増加とともに、プリン体への関心は非常に高まっていますね。

 

ただし、ビール以外にも、肉や魚などにも含まれているために、食事を摂るときには十分に心がけたメニューを選びたいものです。

 

例えばプリン体が多いのが「あんこう、いさき白子、いわし」など、100gで300mgもプリン体が有り、ビール以上だと言われています。

 

その他には、豚レーバや牛レバー、イワシ、イカ、さんまなどにも100〜200mgのプリン体が含まれているために、毎日のように食べていたらすぐに尿酸値が高まり痛風になりますね。

 

少ない食品としては、うなぎ、豚ロース、ほうれん草、カリフラワー、豆腐、卵などです。

 

普段から、プリン体の少ない食事を取りつつ、カロリー数やタンパク質などを調べながら体重管理などをしてもいいかと思います。時間はかかると思いますが、健康管理をしておくことで、フェブリクを使用せずに、尿酸値を正常な数値に戻すことに繋がるはずです。

 

 

上部へもどる